スポンサーサイト

  • 2017.08.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    続 心は常に朗らかにして耐えよ

    • 2016.03.01 Tuesday
    • 09:20
     ほんで、この上の句、庭の面は〜さながらの夜が来るんです。

     やっと久しぶりに復帰できたスタジオから帰る。
     深夜にぱらっと降った雨でアスファルトが濡れてて。
     風が強くてどんどん移動する雨雲のさなかに見え隠れする月がかすか。

     おみくじ写真片手にスタジオで作業してた私は家の窓からやたら必死で撮影。
     で、これ。
     
    FullSizeRender.jpg


    これで精一杯でした...。
    でも、これが私の、空さりげなくすめる月 で。
    で、やっぱり私の、ツキ、は、スタジオで輝いてるみたいで。
    こんなに占いが当たった!って思ったの、生まれて初めて。
    今年は、心は常に〜をテーマにいきます。

    ちなみにおみくじの後半公開。
    国語と数学の実力不足、がどうでもよさげに気になる...。

    IMG_2267.jpg
     

    訂正とお詫び

    • 2016.02.29 Monday
    • 08:15
     前回のブログ、another moonですが、
     曲へのリンクがうまく貼れていなかったようでした。

     URLから飛べるように修正しました。

     気付いて修正するのが遅くなりました。
     失礼しました。

    another moon

    • 2016.02.02 Tuesday
    • 10:40
     久しぶりの投稿になりました。
     新しい曲をiTunesにupしました。
     少しでも多くの人に聴いてもらいたく。
     https://itunes.apple.com/jp/album/another-moon-single/id1071784232

     
     私として、新しく試した事が2つ。
     仕上がり的にも、アルバムを作るとしたらシングルにするならこれと言うような、思い入れのある
    曲になりました。

     まず1。 
     vo.を初めて入れました。
     ソフト音源ですが。
     これを機に、いつか本当の歌モノを作るのが夢です。

     2つ目。
     プレイヤーさんに頼んで、生のベースを入れてもらいました。
     生の演奏を入れてもらったのは初めてではないですが、その時は完全におまかせ。今回はネットで会話しつつ、一緒に録音をしました。
     スカイプでやるつもりだったんですが、スタジオのPCの調子が悪く、LINEのビデオ通話でやりとりしながらで。
     用意の悪い私が充電器を持って来なかったので、最終的に電池切れで終わるという結末。
     コードがどうのとか音楽的な話から、全然関係ない話もしつつ、リアルに人と一緒に録音して曲を作っていくというのは、
    初めてで、大切な経験になりました。

     毎回、iTunesに曲をUPする時に、曲の紹介文を作らないといけないんですが。日本分と英文で。
     果たしていっしょけんめい書いた文を読んでくれてる人がいるんだろうかと思いつつ書いてます。
     せっかくなので、その日本語ヴァージョンを。

      ある無線マニアの男の子がいました。
     彼はある夜、どこか他の惑星の月からの女性の歌声をキャッチしました。
     彼はその歌声に魅せられ、聴き入りました。
     しかし、彼女の歌を聴けたのは一度きり。その後何度試しても、
     再び彼女をキャッチすることはできませんでした。
     彼は二度と聴けない彼女の歌声の虜になり、狂い死んでしまいます。
     でも、本当は先に彼に恋をしたのは彼女でした。月から出ることができず、歌うことしかできない彼女はサブリミナルを送り続け、 彼を呪い殺してしまいました。

    鳴きどころ

    • 2015.09.21 Monday
    • 19:53
     目下、iTunesに上がっている1番新しい曲、 ebb and flowの鳴きどころ、制作話です。
     この曲は新しい曲がなかなか浮かばなくて困った、から始まりました。
     いつもは自宅のソフトで曲作りをしてスタジオへ持って行くんですが、気分転換にスタジオのシンセを
    使わせてもらって、音遊び。
    ...してるうちに見つけたお気に入りからこの曲が始まりました。
     それがこの曲のイントロの音。ぶっちゃけ。TRITONにあったloopです。
     他の曲でも使ったことがあるけど、どうも私と私の曲にはTRITONの音色が合うみたい。
      ばれる人にはばれる音ネタをまんま使うのってどうかなと思ったんですが、
    ”結果できた曲がかっこよければいいんじゃない”
    確かに。 というわけで作曲開始。

     発端が自分から出た音ではないからか、今までとちょっと違う、軽やかな感じで進めていく。
     何となく、でっかい満月の真夜中の熱帯雨林を散歩しているイメージ。
     それで思い出したのが、アンリ.ルソーの”蛇使いの女”という絵。
     中学校の美術の授業かなんかで見たんじゃないかなあ。満月はそんなに大きくないけど。
     ルソー
     スタジオ上がりにこの曲の世界観の話ついでにこの絵を見てもらったら。
    「ちょっとエロスの要素とか、入れてみたら?」
     なるほど。女の人の吐息とか? でもこれ、熱帯雨林だから...
    思いついたのが。
    「動物の...」
    「交尾!! 」
    というわけで、家に帰ってYouTube。
    ”衝撃!キリンの...”とか、”うるさすぎる、猫の...”とか。
    気になるのをどんどん試聴。随時、”ライオン。意外とおとなしい。”、”猫、うるさすぎ。”など
    メモっていく私は変態モード全開。ご近所に聞かれるとやだなと思い、ヘッドフォンで聴こうと思ったが、
    ヘッドフォンで一人でこんなもん聴いてたらますます変態チックだと思い、やめ。
     そうやって見つけたBEST OF BEST(...)が、カメ、でした。
     コケティッシュなんです、キュートなんです笑。しかもメスじゃなくてオスの鳴き声というのも気に入った。
    というわけで、カメさんを大々的にフーチャーして私節のメロディーを入れてサビを作り、サビまでの盛り上がり
    に蛍子厳選の動物の、一生懸命、を入れ。できたのがこの曲です。
     なので、前回iTunesupの報告ブログに書いた通り、ここら辺の泣きどころを試聴範囲にしたかった。
    けど、問い合わせた結果、iTunes等の試聴時間はこちらで設定できないとのこと。了解です。残念です。

     ちなみにタイトルの”ebb and flow"は、潮の満ち引きという意味です。月の満ち欠けも考えたけどよりずっと
    生命活動というか、生々しい感じがして。

     以上、ebb and flow話でしたっ。
     

    八合目、くらい

    • 2015.09.20 Sunday
    • 20:41
     新しい曲が完成しました。
     思い入れたとは言え、長くかかりました。

     いろいろ制作話を書こうと思ったんですが、そんなよもやまは聴いていただくモノが
    上がってからかな...。 ジャケ、作ります。早く、聴いてもらいたい。
     
     とりあえず恒例の、美味しいヤツ。
     IMG_4352.jpg

     さらにご褒美、的な?
     すごく綺麗な物、いただきました。

     IMG_1220.jpg

    経木のメモ帳です。紙ではなく、薄い薄い木材です。
    木の芳香がします。
    これはメモ書きには使えないなあ。大切な人へのメッセージとか、大切に使おう。
    いい文房具、好きです。躍ります。

    躍ってるとこで、ジャケと、新しい曲と。

     

    月下香、その後。前編

    • 2015.09.15 Tuesday
    • 08:05
    8月のトピックになりますが...。
    以前(と言って、確認したらもう2年前の投稿になってしまってる...)
    「もう一度君に逢いたい」というタイトルで、大好きで探し求め続けた花、月下香の
    話をしました。
     この夏、やっと見つけ出しました。
     その話。

     あの時はヤフオクで見つけた! で、終わりましたが、見つけたのは
    花はこれからの葉の育った鉢。そうと分かって落としたんですが。さすがヤフオク、蟻🐜さん付きで
    届きました。
     蟻を駆除して結構育ったんですが、猛暑にやられてしまいました。
     それから月下香でネットで色々調べて、メキシコ辺りが原産の熱帯性の植物とのこと、ヤフオクで落とした先も
    沖縄だったな...
     というわけで、沖縄、月下香で調べて行き着いた沖縄のホームセンターに電話。
     ある! 下さい!
     お住まいは?の問いに住所を答えると、「本土の方ですか...。」
     実際に来て本人が購入する方法でしか売ってもらうことはできないとのこと。
     終わった...。
     2014の月下香ミッションはこんな感じでした。
      

    月下香、その後。後編

    • 2015.09.15 Tuesday
    • 08:03
     月下香ミッション2015。
     沖縄在住の知り合いができました。
     もうこうなったら花買いに沖縄行くぞ。本気でその気でもう一度沖縄のホームセンターに電話。
     「すいません、今はチューベローズ(月下香)はうちでは扱っておりません...」
     ...何ですと? ない? 本気で買いに行こうと覚悟決めたのに?!

     また意地っ張りのテンションで、月下香で検索しまくる。
     切り花で売ってるお店等いろいろ問い合わせ。ダメ。
     さらにネット検索。
     "月下香という花がどうしても欲しくて探しています..."
     おおっ。私と同じ人がいるっ!
     ...って、なんだこれ、昔の自分の投稿じゃん、アホかっ!
     ...等繰り返し、もう惰性で検索していた時に、練馬のガーデニングセンターのスタッフのブログがかかりました。

     7月の末のブログ。チューベローズ、入荷。
     
     ...何だって? こっちは一体何年がかりで探してると思ってんだ。
     そんな近所で普通に?
     いや待て、ぬか喜びすな。
     とにかく。
     速攻電話。
    「ネットで見たんですけど、月下香ってまだありますか?」
    「2鉢、残ってます。白と薄い黄色があります。」
     黄色...?
     黄色のチューベローズなんて聞いたことないが...
     気になる。

     そう言えば、縦線形の花が私は好きなんで、カラーも大好きなんですが、あれも白の他に茎の黄緑を合わせた
    ような色があったな。
     さらに思い出したのが蚕の黄色い繭。遠い昔に生物の遺伝の授業で見たけど、綺麗だったな。

     脱線したけど。
     とにかく気になる。
    「両方取り置いてもらって、見て決める事ってできますか?」
    「いいですよ。」
    やたっ。それなら早速。
    「明日、行きます!」
     
     ということで、続く。
     
     
     
     

    月下香 さらにその後。

    • 2015.09.15 Tuesday
    • 08:02
     というわけで、早速次の日、上石神井へ。
     季節は盛夏のこと。
     駅から徒歩15分。結構あるなあ。
     バイト上がりで汗かいたところにさらに汗かきながら、昨日の知人の言葉を思い出す。
     どうやって持って帰るの?
     .....。 何とかなるでしょ、何とかするし。
     
     で、到着。
     あった、ありました。普通に、ありました。
     もう花の一番いい時期は過ぎていたけど、月下香だ。
     「すごくいい匂いがしますね。」
     はい、そうです、知ってます。
     白の方はこれぞといった感じだけど、クリーム色の方も、香りはそのままに、優しい。
     正直、昨日電話した時点で決めてた。
     「2つともください。」
     昔持っていたのは1mくらいはあったと思うけど、今回のは70兢罎らいかな。
     ビニール袋に入れてもらって腕に下げてみる。
     配送もできると言うけど、いけるな。
    「持って帰ります。」

     とは言ったものの、結構きつかった。
     両腕が塞がったので汗が拭えない。
     ようやっと駅まで戻った時には本当に安心した。
     階段はしんどいんで、エレベーターで改札まで上がろう。って、エレベータ、暑っ!
     もう何でもいいから涼みたい。各停に飛び込み、あまりのノロさにイライラして急行に乗り換え、
     やっと新宿まで帰ってきました。
     西武新宿から新宿駅まで。週末の夕方だったので人込みの大通りは避けて思い出横丁から抜けよう。
     そのもくろみは正解やったんだが。
     うわっ、飲みたいっっ。
     いやいや、散財したし、ここは我慢だ。とにかく、早く帰ろう。

     やっとこさ。帰宅、お風呂。
     コンビニビール、で、やっと月下香とさし飲み。ふー。
     

    月下香 やっとおしまい編。

    • 2015.09.15 Tuesday
    • 08:01
     落ち着きました。
     で、撮影大会。
     IMG_0085.jpgIMG_8625.jpg
    IMG_7958.jpg

    さらに調子にのって、deracineのジャケで使った万華鏡カメラで撮影。もはやなんだか分からない。
     
    IMG_2674.jpg IMG_8869.jpgIMG_5736.jpg
    夜に芳香を放つ、と言いますが、夜というより日が落ちて、いわゆる夜の帳が降りる前、くらい?
    18時くらいから日が落ちてしまうくらいまでに一番香りました。
    久しぶりの。ジャスミンの香りをもっと強くしたような。これ以上強くなるとドクダミに近く
    なってしまうくらいの。
    ”危険な快楽”(花言葉)の匂い。
    その日はお花にキスして(プチ変態)、枕元に置いて寝ました。

    それから8月中香ってくれた月下香ですが、今は花もすっかり落ちました。
    花屋が言うには、花の時期が終わったら、多年草の球根植物なので、来年のために花茎は切り落として
    余計な所に栄養分は与えないように、とのこと。
    でも、花茎についてる葉っぱ、まだ全然みずみずしいんですが...これ、切るの?うー...
    びびりいの私は確実に枯れた所からちょこちょこ切っております。
    早くばすっと行けよっと思いつつ。
    ただ、花はもうつかないものの、新しい黄緑の葉が両鉢から生えてきてるのが嬉しい。
    来年、もう一度彼女らの花に逢いたい、ので、今年の秋冬は尽くします。

    長々しいブログになっちゃったなあ。
    思い入れてます。

    IMG_5741.jpg

     

    新しい曲をupしました

    • 2015.09.12 Saturday
    • 05:32
     iTunesにて私の新しい曲が配信されました。

     https://itunes.apple.com/jp/album/ebb-and-flow-single/id1033879381

     


     今回の曲は、今までの私の曲とはちょっと異色な曲になりました。
     それもあり、1番聴いてもらいたいサビの泣所( 鳴きどころ)を試聴時間に設定したんですが、なぜか
    うまく行かず、曲頭からの試聴になってしまいました...
    それについては、今検討中なんですが。

     よらったら、聴いてみてください。

     なぜ泣きどころ、が鳴きどころ、なのか、制作裏話的な話はまた今度。
     とりあえず、報告です。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    蛍子

    song

    https://itunes.apple.com/jp/album/variation-single/id499352199 https://itunes.apple.com/jp/album/364-449-single/id553403261 https://itunes.apple.com/jp/album/kristall-single/id590336325 https://itunes.apple.com/jp/album/deracine-single/id881849120 https://itunes.apple.com/jp/album/sasafune-single/id1008726604 https://itunes.apple.com/jp/album/ebb-and-flow-single/id1033879381 https://itunes.apple.com/jp/album/another-moon-single/id1071784232

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM